FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「医者に殺されない47の心得」

「たけおクリニック」院長です。


御愛読ありがとうございます。



 表題の本をご存じでしょうか?


昨日渋谷の本屋さんでベストセラーとしておかれていた


「医者に殺されない47の心得」


何とも過激なタイトルです。


まず確認ですが患者さんを殺そうと思っている医者はいません。


少なくとも私の周りにそな医者は、一人もいません。




 では、何故このようなことが起こっているのでしょうか?


近藤先生の発言は、いくつか大きな間違い含まれている部分もありますが


多くの場合「一事象だけを見てとっている」


「事実であるが真実でないもの」が示されているように感じます。




 もっと具体的に言えば、


物事は見る角度を変える事で、違って見える場合があります。


よくある話では、盲者の像が有名と思われます。




 そして当然ですが、一つの事に対して、様々な考え方があり、


議論が尽くされることそものが、とても大切なことは言うまでもありません。


ですから、このことを契機に多くの議論がなされることこそが


望まれていることなのかもしれません。





                            院長拝
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hitakeo

Author:hitakeo
「たけおクリニック総院長」ブログへようこそ

最新記事
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。