FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

答え

「たけおクリニック」院長です。

御愛読ありがとうございます。



 前回の問題についてです。


1 「去年6月にご購入いただいたクーラーの価格が

   間違っていましたので今月多めに引き落とし致します。」

   といって勝手にお金を引き落とすこと



  ということが起こりうるでしょうか?


  実は、平気で起こっています。

 
  もちろん一般的な消費者の話ではなく、


  保険組合と医療機関(病院、医院)の間のでのことです。



  保険組合は、医療機関から提出されたレセプト


 (これの提出猶予は、10日間)を使い、2カ月後にお金を支払います。


  しかも、自分が間違っている場合はあとから、このような方法で勝手に取り立てをします。



   ちなみに医療機関側が間違っていた場合はどうなると思いますか?


  基本的に、修正を認めないのです。




   ですから保険組合側は
 

  「昨年夏に支払いをした額が、間違って多かったので


           勝手に引いた額を今月振り込みました。」


  と問答無用で少ない金額を振り込むことを平然と行います。



   そして、もちろん間違って振り込んだのは医療機関側ではなく、


  振り込んだ相手側(保険組合側)です。




   もう一度書きます。


  「去年6月にご購入いただいたクーラーの価格が
   
 
  間違っていましたので今月多めに引き落とし致します。」


  返還を請求するのではなく、勝手に変更するのです。

 

   こんなことがまかり通るなら、医療機関はいつになっても


  収入を確定することができません。

 
  すべての医療機関が、いつも追剥ぎのようにお金を取られる

 
  可能性を秘めており、安定的に運営することは難しいでしょう。



   友人からは『批判的な内容を書くと目をつけられるぞ』とも注意されました。


  しかし、余りにも理不尽な対応に医療機関が側が泣寝入りをしている状況を


  少しでも多くの方に知っていただきたく記載しました。


 
                                 院長拝




  PS 問題2について解説を自粛いたします。ご了承ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hitakeo

Author:hitakeo
「たけおクリニック総院長」ブログへようこそ

最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。